2015年11月11日

ジンのベゼルリング外れの修理(^_-)-☆

いつもお世話になっておりますお客様より、ジンのベゼルリング外れの修理のご依頼でした。

何年か前にも外れたリングを修理させていただきました。その時もあまりに綺麗に取れていて、このような内部になっているんだなぁと不思議に思っていました。

ジンのベゼルリングは断面を見るとカマボコ型で、凸型で内部が空洞になっていて、接合する部分の面積が非常に小さいです。そのためショックに弱い構造のように思います。

一度このように外れてしまうと、修理しても再発の可能性はありそうですね。。

これは元来の構造の特性によるもので、根本が決まってしまっているので、私たちができることはなんとか貼り付け修理させていただくことだけです。

これで外れてこなければよいのですが。落下、衝撃にはくれぐれもお気を付けください。

どうもありがとうございました

DSC_8078.JPG
posted by あさちゃん at 10:11| 富山 ☔| 時計修理の予備知識 | 更新情報をチェックする