2016年12月06日

アイチ時計のゼンマイ式ボンボン時計の復活!いい鐘の音です(´▽`)

おはようございます!

アイチ時計社製の60日巻きのゼンマイ式ボンボン時計の修理と試験が完了!無事に復活しました♪

毎時ごと、本当によい音を打ってくれて、心に響きます♪現代の時計にはない、心に響く鐘の音ですね(´▽`)

毎年、11月~1月ごろは、ゼンマイ式掛け時計の修理が非常に多くお持ち込みになられます。場所のやりくりが大変です。。。


さて、当初、お客様より「動かない」と持ってこられたのですが、内部を見てびっくり。

自己メンテナンスされていたようですが、非常に粘質系の油を使っておられて、むしろ動作の抵抗の原因となっていました。

このようなゼンマイ式柱時計の潤滑油を考えた場合は、潤滑油はあまり粘質ではなく、かといって落ちてしまうような油ではだめで、粘質とさらっとたような絶妙なバランスをとった中性の専用の油が必要です。

自己メンテナンスは楽しいかもしれませんが、時計にとってそれが致命的なトラブルを招く可能性もありますので、ほどほどに・・・。

どうもありがとうございました!

DSC_4035.JPG
posted by あさちゃん at 09:58| 富山 ☁| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする