2017年02月14日

ラドー・カスタマイズ品の再修理

こんにちは!

先日修理させていただいた、お得意様のラドー・オートマチックの再修理をさせていただきました。

内部のオーバーホールをさせていただいたのですが、時々止まるとのこと。


実は修理をさせていただいたときに気が付いていたのですが、恐らく、元々入っていたムーブメントではなく、後から高級なムーブメントに載せ替えたカスタマイズ品のように見受けられました。

それを前回、オーバーホールしたわけですが、元のムーブメントよりも厚みがあり、お預かりした当初も、裏ぶたが閉まっておらず、斜めに掛かっているような状態でした。

今回オーバーホール時にその厚みの問題に気が付いていたので、調整をしたのですが、やはり厚みがあるため、ローターが裏ぶた内側に擦れてしまい、それが抵抗とゼンマイの巻き上げ不足を起こし、止まりの原因となっているのだと思います。

さすがに、お預かり時のように裏ぶたが半分傾いている状態でお渡しするわけにはいかないので、再度厚みの調整と加工を施しました。これが上手くいけばローター部分に隙間ができるため、抵抗どまりはなくなるはずです。

今現在は止まりは生じておりませんが、ショックや振動にはお気をつけください。

ご迷惑おおかけし、失礼いたしました

DSC_4969.JPG
ラベル:ラドー
posted by あさちゃん at 13:22| 富山 ☁| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする