2017年05月04日

感謝です♪近畿地方よりIWCの周期異常の修理<m(__)m>

おはようございます!

ちょっと前に直させていただきました、IWCのオートマチックの周期異常の修理です。

なんと兵庫県から!元々はこちらの方だそうで、GWのご帰省を利用されて取りに来られた模様です。
誠にありがとうございました

お困りの内容は、「1時間で時刻が5分ほど進む」とのこと。大変な精度異常です。

内部を調べてみますと、機械式腕時計の精度を決める心臓部分である「テンプ」のヒゲゼンマイがお互いに乗り上げており、正常な周期に比べて非常に速い周期で回転するため、1時間に5分も進むという周期異常が発生していました。

オーバーホールにより分解し、テンプも慎重に乗り上げを解消します。

大変微細で繊細な部品なので、少しでも力を加えると、逆にクセがついたり変形などして、周期異常はますます酷くなることがあるので、すごく神経を遣う作業です。

テンプを正常に戻した後は、オーバーホールによる分解洗浄・組立・注油のあと、テンプなど脱進機構の精度調整を行いました。

ゼンマイを充分に巻いていただいた状態では、非常に高い精度で時間が合います。


お客様がお引き取りに来られた時、残念ながら外出しておりましたので、自分がご説明できずに心残りです。ご説明と感謝をお伝えしたかったですね。

ご使用法その他でご相談されたいときは、いつでもどうぞ。

どうもありがとうございました!!

DSC_5970.JPG
posted by あさちゃん at 09:56| 富山 | 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする