2017年09月07日

ロレックス・デイトジャストのリュウズ異音の修理<m(__)m>

おはようございます!

ロレックス・デイトジャストのリュウズ異音を修理させていただきました。

毎度ご依頼をいただき、誠にありがとうございました

異音の原因ですが、ゼンマイの巻上を行う連結部の歯車が2点、刃先が潰れているために、リュウズを回転させたときに異音や軋みとなって感じるわけです。

リュウズ操作時には、意図せず歯車の噛み合いが悪く、負担をかけたまま操作することがあります。
歯車同士が正常に噛み合っていないのに負荷をかけると、今回のように刃先が破損する場合があります。

ですので、リュウズ操作時に、いつもと違う感触や音を感じた場合は、一度リュウズをリセット位置に戻すなどして、正常な状態から、再びリュウズの操作を行ってください。

くれぐれも、無理な力を与えないようにご注意をお願いいたします


DSC_8138.JPG
posted by あさちゃん at 10:22| 富山 ☔| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする