2018年03月28日

剣道の備忘録(^_^;)


こんにちは!

昨夜は剣道の稽古に行ってきました♪


温かくなってきたので、稽古後は余計にハラが減り、夜食(笑)

新食感焼そば(*´∇`*)

弾力があって面白かったです(^○^)


備忘録です。

22本目 高霞の構えの修正。

剣を高く構えて刃は横に寝かす事と、膝を曲げて重心を安定するようアドバイスを受けました。
霞の構えは、下段・中断・上段がありますが、現代の剣道ではまず見たことが無い珍しいカタチです。おもしろい!(°▽°)

25本目 浮木
大きくゆっくり巻くことには馴れてきましたが、今回は「巻き切ること」と、「切れ目が無いように巻くこと」に気づきました!

巻き切るについては、中途半端に巻くと、相手の剣を巻き込みできずに予測しない部分に突かれてしまう事があったためです。

切れ目無く巻くについては、浮木では剣先を3回巻くのですが、一回一回の間が切れないようにとの事。分かっていても難しいです。


講話では、「機先を制する」事を稽古に取り入れていきましょうとの事。

また先生からは、「型の流れはだいぶ良いので、勝つべき点を味わうこと。そうでないと、ただの木剣体操になります」とアドバイスいただきました。

この点は先生に何度か同じことを言われています。

今回の「勝ち処を押さえる」にも通じていると思うのですが、
自分はいつも一調子になりがちで、力の緩急をつけるのが苦手です(´д`|||)

これは性格や性質によっているのかも。

どんな風にしていけば打破できるのか、大きな課題です。

posted by あさちゃん at 12:27| 富山 | 剣道 | 更新情報をチェックする