2018年04月03日

丸形ガラス交換と、防水・防湿の難しさ(;´∀`)


連日暖かくて気持ちがいいですね~(*´▽`*)

今日もがんばります!!


先日の修理のお品ですが、丸形ガラスの割れの交換です。

機械を抜き出し、割れたガラスを外しまして、サイズの合うガラスを選定して、圧入れ。

その後、24時間、紫外線硬化を行います。

丸形ガラスでしたら、サイズと厚みが合えばだいたいは交換できます。
(防水用の強度厚型ガラスや大型外形の物は、防水性を考慮して出来ないものもあります。)

交換できないものは、角ガラスやカットガラスなどの変形ガラスです。

最近は角ガラスでも、一辺が水平なものではなく、弧を描いたようなカーブ辺のものが出てきています。
デザインは素敵ですが、こういったものは、在庫が無い場合は、製作がしにくくお断りしています。

角ガラスはまた、一辺の形状・角度など合わせるのが大変難しく、防水性が保てないことがほとんどだからです。

時計修理って難しいです。特に防水・防湿に関することは、一店舗には困難の極みです(;´∀`)

DSC_9861.JPG
posted by あさちゃん at 09:42| 富山 ☁| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする