2018年06月26日

県外より、テクノス・ボラゾンのOHと巻き芯・竜頭交換(^.^)


こんにちは!


静岡県よりご依頼の修理のお品になります。

先日完了したのでご発送したのですが、無事届いたでしょうか(#^.^#)




内容は、他店様でお断りされたという、テクノス・ボラゾンの完全不動の修理でした。



内部の汚れ・油不足・サビだけでなく、竜頭の割れ・巻き芯のサビ&崩れによって不動状態でした。

竜頭が薄くなって割れており、巻き芯が外側に引き気味になっていたので、ストップモードでした。それだけではなく、内部ムーブもサビておりました。



結局、内部のオーバーホールとサビの除去、そして、巻き芯交換、竜頭交換(画像右側が交換済み部品)をさせていただき、動作復活!!

けっこう大規模な修理作業でした(^.^)


DSC_0486.JPG


無事復活できてよかった。


砕けていた巻き芯ですが、通常のストレートタイプだったので、部品がありセーフ。



これがもし、テクノスの古いタイプによくある巻き芯の捻じってある変形タイプだったら、おそらく修理不可だったと思います。



今後は水入りサビ、そして落下による割れには、くれぐれもご留意くださいね~!

どうもありがとうございました!

posted by あさちゃん at 10:46| 富山 ☀| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする