2018年06月28日

タグホイヤーのスライダーねじの修理(*´ω`*)


おはようございます!


タグホイヤー・カレラのバンド、スライダーのネジ脱落の修理です。


DSC_0491.JPG


ネジが紛失していてスライダーが分かれてしまって、腕に巻けない状態になっていました。こちらのネジの加工・合わせと、外装修理。

今はスライダーを直して、元通りに腕に巻けます(*´ω`*)





このバインドのスライダーねじは結構外れることが多いです。


自分の修理経験上では、こちらのタグホイヤーのスライダー式メタルバンドと、
オメガ系のスライダー式メタルバンドが特にネジが緩むと実感しています。



スライダーねじは大変繊細で、普通のネジではもちろん入りません。


普通のネジは頭までの高さがあるので、スライダーが引っかかって可動しなかったりします。



ねじ径が一致しつつ、ねじ頭の高さが低いものでないといけません。


このような選定も、時計修理の技術の一つとして、大切なものです。


スライダーねじの脱落にお悩みの方は、ぜひ持ってきてくださいね♪




posted by あさちゃん at 09:13| 富山 ☔| 時計修理 | 更新情報をチェックする