2018年07月10日

ロレックス・エクスプローラーの修理に感謝です!(^-^)


おはようございます!


先日直させていただいた、ロレックス・エクスプローラーの不動の修理です。

長らく時間をかけてしまい、失礼いたしました。



不動の原因ですが、ゼンマイ切れを筆頭に、巻き上げローター芯の摩耗、秒針に対応する4番車のホゾが申しているなど、破損・摩耗箇所が多くありました。こちらの修理や部品交換などに時間がかかってしまいました。



これだけ摩耗しているのは久しぶりでしたが、機械部品を使っている以上、時計油乾燥後は、徐々に磨り減りながらの使用になりますので、いずれは破損等が出てきます。



こまめなオーバーホールによって、注油や調整を定期的に行っていれば、摩耗を軽減して破損する可能性も低めることができるのですが、
メンテナンス料もけっこう高いので、実際のところは定期的にメンテナンスは難しいかもしれませんね(;'∀')



しかしながら、まったくノーメンテでは、破損の度合いはかなり大きくなりがちですので、数年ごととはいいませんが、5年以上経過しているものは、オーバーホールがおすすめです。


10年以上ノーメンテの場合は、内部を見てみると、それまで動いていても、思わぬ損耗が見つかったり、防水性にも問題があって、湿気が入り込んでいたりサビていたりします。

10年以上ノーメンテの場合は、普通に考えても無傷とは考えにくいでしょう。人間でも、10年変われば体質・体調なども当然変わります。


10年選手の時計の場合は、それ相応の内部状況であることは覚悟しておいた方が良いかもしれません。


それでは、今日もよろしくお願いします!
posted by あさちゃん at 10:08| 富山 ☀| 時計修理の実践編 | 更新情報をチェックする