2018年12月05日

ゼニスのリュウズ、オシドリ修理(^-^)/


おはようございます!

先日の修理のお品ですが、ゼニスのリュウズの修理をさせていただきました!ありがとうございました(*^^*)

オークションで買われたそうですが、リュウズが直ぐに抜けてくるので、時刻合わせやゼンマイの巻き上げが出来ません。

これは、リュウズ内部の切り替え機構の「カンヌキ」「オシドリ」が内部で分解してしまっていたためです。こちらを組み直して調整しました。

オークションの時計は中身が抜き取られていたり、錆びだらけの最悪のものも多いですが、こちらのお品の内部ムーブメントはしっかりしていました。

もちろん経年劣化や油不足があり、精度もずれていましたが、いずれオーバーホールすれば、ある程度実用に耐えれると思います。

その時にはぜひ、またご利用いただければ幸いです。

ありがとうございました!(^-^)/


posted by あさちゃん at 10:33| 富山 ☁| 時計修理 | 更新情報をチェックする