2019年03月21日

オーデマピゲ、修理不可(^_^;)


こんにちは!

最近『修理できなかった』時計です。

オーデマピゲの錆つきが酷すぎて修理不可でした。申し訳ありません。

ムーブメントだけでなく、文字盤裏(表から透けて見えるくらい)や、裏ぶたまで錆て開かないくらいでした。

当店で修理不可。


「どんな時計でも直せると聞いてきました」と言われてよくご来店いただくのですが、そんなことは無いです。直せないものも多いです。

すべての時計を直す事は、例え時計の神様でも無理な事です(^_^;)


『直せるものは直せるけど、直せないものは直せない』。これが当店の解です。

IMG_20190321_103505_394.jpg
posted by あさちゃん at 10:38| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

直せないもの②カルティエのコイル切れ。


こんにちは!

最近直せなかったもの②です。

今回も【コイル切れ】の不動ですが、前回との違いは、「メーカーからの部品供給が無い」ということです。

今回は、カルティエのコイル切れのため不動ですが、カルティエさんからはコイルの入手ができないので直せません。

よくある話ですが、有名ブランドのクォーツタイプのコイル部品は、なかなか出してもらえないため修理できないケースが多いです。

特に、カルティエさん、ブルガリさんはコイルは出してもらえない印象が強いです。

引き続き、海外からコイルを入手できないか探るつもりですが、望みは薄いですね。

有名ブランドのコイル切れの場合は、メーカー修理でないと直らない場合が多いです。

カルティエのコイル切れは、残念ながら当店では直せません。

posted by あさちゃん at 07:00| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

直せなかったもの①コイル切れm(__)m


こんにちは!

「どんな時計も直してもらえると聞いて来ました」とよく言われますが、残念ながらそんなことは出来ません。

全部の時計を直すことは当店では出来ませんし、
修理しても酷く壊れているものはやはり調子が悪く帰ってくることがあります。
時計修理はどれも難しく、自分の想像を越える破損が多く見受けられます。簡単な修理はなに一つありません。


今回は最近直せなかったお品で、セイコー・シルバーウェーブの不動のお持ち込みでした。原因は、【コイル切れ】です。

オーバーホールは当店の得意ですが、部品自体が破損している場合は、当然に部品交換が必要です。オーバーホールだけしても、部品が壊れていれば動きません。


部品が古すぎてないもの、メーカーから部品を供給してもらえないものは、当店では直せません。

今回のシルバーウェーブは、数十年前のコイル部品ですが、当店在庫にあると思っていましたが、調べると既に当店でも部品を使いきっていました。

部品屋さんにも方々に聞きましたが、一様に「部品なし」とのこと。

手を尽くしましたが、今回は当店では直せませんでした。

申し訳ありませんm(__)m
posted by あさちゃん at 09:36| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする