2015年12月19日

チュードル修理不可。リュウズ切替不良、ガラス、歯車摩耗(>_<)

おはようございます!

こちらのチュードルの修理お見積りをいただいておりましたが、部品の摩耗・破損で交換部位が多すぎて、当店による修理は不可でお返しになります(>_<)

お客様によるお困りの点は、リュウズの切り替え不良の修理、ガラス交換のお見積りでした。

それと内部を見た所、経年による輪列歯車群の摩耗減りがみられます。オーバーホールは動作の負担を減らしてスムーズ化をおこなうわけですが、部品やベース等の土台がしっかりしているからこその作業です。

今回は部品の摩耗や土台の部分がすでに摩耗していて、オーバーホールをしても効果は薄いと思います。

また、上記のような部品全てを交換する場合は、メーカー修理のご依頼の方が良いと思います(メーカーにも、これだけ全ての部品をまだ在庫しているか不明ですが。。)

時々、オーバーホールをすれば新品同様に復活すると考えられているお客様が居られますが、現状においての性能をスムーズにする働きはあるのですが、ずっとお手入れされておらず摩耗減りなどが起こっていると、オーバーホールをしてもあまり効果は得られません。

定期的なメンテナンスをされているからこそ、今後も永く使える土台ができており、そこにくり返しオーバーホールを施すころで、長くご愛用していけるという継続的な作業と考え方が大原則になります。

金属疲労や摩耗が深刻で、さらにチュードルなどの部品製造を終えているものは、なかなか修理はできないものがあります。

残念ながら、今回はお客様へお返しいたします

DSC_8179.JPG
posted by あさちゃん at 10:06| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

振り子付き掛け時計。電波式の受信不良は直せないので、改造しました( ..)φ

おはようございます!

父の同級生の方から、電波式掛け時計の修理のご依頼をお預かりしました♪

電波受信機の受信不良です。受信機は使い捨てのため、直せません。なので、今回は電波式ではなく、通常のアナログクォーツ式に改造させていただきました。

電波稼働を取りやめて、電池式で振り子を振らせることが出来るように改造しました( ..)φ

改めてですが、電波式の受信機異常は、修理できないものになります。

電波式の時間の狂いや遅れと言うのは、電波受信機の異常になるわけですが、この部品をメーカーは供給させていませんし、メーカー修理の場合は内部のムーブメントをそのままごっそりと入れ替えて修理するはずです。つまり、電波式の腕時計にしろ、掛け時計にしろ、メンテナンスをして使い続けるタイプではなく、使い捨てタイプの時計です。

長く使い続ける耐久性はないと思います。

普通は、当店では電波式時計の修理は全てお断りしております。

今回に限って、父の旧知の方のご依頼と、電波式にこだわられなかったため通常のアナログクォーツへ改造しました。
(もちろん、電波式にこだわらないからといって、全てを直せるわけではありません。基本的に、電波式時計は直しませんし、直しません。)

長く使う事を考えれば、実は電波式よりも、通常のアナログタイプの方がずっと長く持ちます。

複雑な機能を持たすほど、トラブルは多くなりますし、長く使い続けることが難しくなります。

新しい技術の発展と、耐久性&永続性は、必ずしも一致しませんね。


シンプルなものほど、メンテナンスをすれば長く使い続けることができるという、単純な話しです。


DSC_8127.JPG
posted by あさちゃん at 10:06| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

セイコー・カデット、サビ腐食。お返しです(;_:)


おはようございます!

先日修理お預かりしました、月齢表示付きの多針計クォーツ、セイコー・カデットの修理ですが、今回は修理不可でお返しとなります。

裏ぶた内部が腐食しており水に弱く、その他の部品もサビの危険にさらされています。部品の製造も中止されており、在庫なし。

また、ご予算の件につきましても、以上の修理まですると大きく上回ってしまいます。

色々なことを考慮して、今回は修理はせずに現状で使っていただくことをお勧めしました。

今回は残念ながら、条件が合わず、修理不可です(;_:)

DSC_8128.JPG
posted by あさちゃん at 11:01| 富山 ☔| 直せないもの | 更新情報をチェックする