2018年02月28日

剣道の稽古の備忘録。大強速軽(^_^;)

昨夜の剣道の備忘録です。

30分の座禅にもずいぶん馴れてきて、眠気はほとんど感じないのですが、これでいいのか進んでいる実感が全然湧きません(^_^;)

型の方では、迎突が効いていないご指摘をいただきました。

まず剣先に体重を掛けることと、姿勢が前のめりになっているので後ろ足の寄せなどを正した上で、どのようにすれば抑えが効くかをよくよく工夫すること。

また、講話では、「大・強・速・軽」(だい・きょう・そく・けい)を兼ねた一刀が出るように稽古しましょうとの事でした。

「大きく、強く、速く、軽快に」という意味だそうですが、矛盾するようなこれらを練っていくために、一心になって繰り返しよい稽古をするようにとの事。

具体的にどのような事に注意を払うべきかも教えていただきましたが、自分には50年早いですね(^_^;)

深いなー。。。
posted by あさちゃん at 10:00| 富山 ☁| 剣道 | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

剣道稽古♪深い・・(^_^;)

おはようございます!

昨日の剣道稽古の備忘録です。


練習内容は前回と同じく、30分の座禅(数息観)、法定の型、一刀流の仕太刀50本と打太刀20本まで、そして講話でした。

先生からのご指摘は、「勝ち処」をしっかり意識すること。
自分は次の流れに気を取られるあまり、勝ち処をしっかり抑えていないので、意識して一拍抑えるつもりでとの事。


講話では、「切り返しの全力」と「癖」について。


切り返しで全力を出す場合、腕力では全力は出ないそうです。

足、腰を使うことで全力が出せるそう。
稽古に数をかけなさいとの事。


また、「癖」について。

知らず知らずのうちに、自分でも気付かない癖がつく。

例えば、注意していても、うわてが相手の時や、慣れ等から後ろ足の踵がつく癖が出たりするが、これでは受けの剣になってしまう。
いざ機会が来ても、この足ではしっかり前に出られない。

踵を上げ、身体も退かない稽古をする。

「身体が退かない」とはどういう事かというと、前に出る動作の中に、そのまま受けも攻めも同時にしている=懸待一致の状態を作っていく稽古をするそうです。

切り返しの中でも、そういった気付かない癖を取り、高い状態に持っていくためのヒントがあるので、よくよく稽古に数をかけなさいとの事でした。

ふ、深い・・・(^_^;)


posted by あさちゃん at 08:40| 富山 ☁| 剣道 | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

定休日♪剣道と柔術の総復習(*´∇`*)


おはようございます! 

本日定休日です♪(*´∇`*)

ということで、剣道と柔術の自己練。

時間があったので、今まで習った全ての型を総復習です。普段は時間がないので、剣道か柔術のどちらかの稽古なので(^_^;)

これから出掛けます♪
posted by あさちゃん at 08:12| 富山 ☔| 剣道 | 更新情報をチェックする